メダカに適した飼育環境と置き場所

メダカに適した飼育環境と置き場所

メダカの画像メダカの画像

メダカの画像メダカの画像


●このページでは、メダカに適した飼育環境とメダカの飼育容器の置き場所についてご紹介しています。(当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。)


スポンサーリンク

メダカの画像メダカに適した飼育環境と置き場所

○ メダカにも日光浴?

 メダカを飼育する上で日光を浴びさせることは、はとても重要です。なぜなら、メダカは日当たりが不足すると、ビタミンA、Dが不足し病気になりやすくなるから。

メダカの画像

 それは、私たち人間でも、ある程度日光に当たらないと、一部のビタミンが不足しがちになるのと同じです。メダカは、適度な日光に当たることにより、丈夫で健康な状態を保つことができます。


 その点から考えれば、メダカの飼育環境として適しているのは、窓辺やテラスなど適度な日光の指す場所、最も適しているのは家の外、つまり屋外飼育が理想ということなります。


 ただし、屋外飼育で気をつけなければならないのは、夏の高温期です。


 メダカの生育できる温度帯は、およそ2℃〜38℃とされていますから、かなりの低温から高温まで生育が可能です。

 ところが、夏場の日向に置いた飼育容器の中の水は、場合によっては熱湯のような状態になることもあります。夏の高温期は、飼育容器を日陰のような場所に移動させるか、よしずなどを使って、日光を遮るといった工夫が必要です。


○ メダカの室内飼育には、蛍光灯を活用

 メダカを室内で飼い育てる場合は、窓辺やテラスベランダなどの日の当たる場所を除けば、日光の代わりとなるものが必要です。

 そこで、金魚や熱帯魚の飼育などにも使われている蛍光灯などの照明を活用して、一定時間光を浴びられるようにしておきましょう。



○ 厳寒期には室内へ

 すでにご紹介したように、メダカの成育できる最低温度はおよそ2℃ですが、戸外での飼育の場合、地域によっては戸外の気温が氷点下にまで下がります。

メダカの画像

 飼育容器の水が凍りつくほどの寒さの中では、いかに寒さに強いメダカでも耐えられません。室内に取り込むなどの防寒対策をしてあげましょう。

かわいいメダカの稚魚の一覧は、こちらのリンクからご覧いただけます。

メダカがすくすく育つ、メダカの餌の一覧はこちらのリンクからご覧いただけます。


メダカの画像 メダカの飼い方・育て方へようこそ!

 メダカの飼い方・育て方では、初めてでも安心して始められる、メダカの易しい飼いかた、育て方のポイントをご紹介しています。

 当サイトのすべてのページは、本文下のリンクからご覧いただけます。どうぞご利用ください。


スポンサーリンク

 
メダカの基礎知識

● メダカの特徴と名前の由来● メダカのオスとメスの見分け方
● メダカの寿命

スポンサーリンク

 
メダカの飼い方・育て方

● メダカの飼育用品を用意しよう● メダカの飼育容器には何がいい?
● メダカの砂の役割と効果● メダカの水草と選び方
● メダカの水とカルキ抜きの方法● メダカに適した飼育環境と置き場所
● メダカのエサ(餌)の種類と与え方● メダカの水換えの方法と手順
● メダカの交配のさせ方● メダカの産卵のさせ方
● メダカの孵化のさせ方

スポンサーリンク


メダカの画像メダカの飼い方・育て方のトップページへ

運営者情報 リンク集

プライバシー・ポリシー

Copyright(C)メダカの飼い方・育て方 All rights reserved.

inserted by FC2 system